本文へジャンプ

写真館

2019年

・12月6日 東田陽博特任教授は、中国深圳で開催された「Asian 3 Meeting on NAD and CD38」で講演を行いました。

11月28日から12月2日まで、中国深圳で、北京大学深圳校大学院のLee先生主催のA(sian) 3 (countries) Meeting on NAD and CD38: Nucleotide Messenger Signaling があり、参加発表してきました。NAD/CD38は細胞内のカルシウム信号をあげることから、抗老化作用、社会性障害改善作用、多発性リンパ腫の抗がん作用など新しい課題が見つかり、活況を呈しています。中国・韓国・日本の3国とイギリス・イタリア・ドイツからの研究者の参加で20題の発表があり、刺激を与え、また与えられました。From 28 November to 2 December, I went to Shenzhen, China to attend the A(sian) 3 (countries) Meeting on NAD and CD38: Nucleotide Messenger Signaling. Recently, the NAD/CD38 field is hot, because they found to be related to anti-aging, beneficial effect on social behavioural impairment, and antitumor effect on multiple myeloma, owing to intracellular Ca signaling. There were 22 titles of speeches from China, Korea, Japan, England, Italy and Germany. At the excursion, we went to the Shenzhen Talent Park. The Shenzhen city respects many talented persons, (of course including blue color workers), who developed Shenzhen as one of famous, very advanced and industrial cities in the world.


  • ↑画像をクリックするとPDFファイルを表示します。

 

  • Home
  • メンバー
  • 研究内容
  • 研究業績
  • 写真館
  • リンク
  • お問い合わせ
東田陽博研究室
〒920-8640
石川県金沢市宝町13-1
TEL/FAX:076-234-4213
E-mail: haruhiro@med.kanazawa-u.ac.jp