本文へジャンプ

Laboratory of Social Brain Study

2019年

・10月8日 東田陽博特任教授は、9月17日~9月25日までクラスノヤルスク州立医科大学(ロシア)にて教育と研究をおこないました。

9月2週間、クラスノヤルスク医科大学に行きました。講義やら、若手研究者の指導やらをまずしました。

From September 17-24, I was in Krasnoyarsk State Medical University. I delivered two lectures in Biochemistry to under graduate students in the medical course, and one workshop with young researchers or graduate students

9月21日、モスクワ国立(州立)大学で、第8回日ロ学長フォーラムがあり、クラスノヤルスク医科大学の人として、参加しました。大学間の交流を両国のみならず全世界のためにもっと進めましょうという会議でした。金沢大学からも山崎学長が参加されていました。

September 21, 2019, at the Lomonosov Moscow State University, there held the 8th Russian-Japanese Forum of Rectors on Universities, Society and the Future of Mankind. The summary of the meeting was to promote interaction between universities on two countries not only for the both countries but also for to all world. I attended to the meeting withProfessors Samlina (vice rector) and Lopatina of Krasnoyarsk State Medical University. I met there President of Kanazawa University, Professor Yamazaki.

第8回日ロ学長フォーラムの前日、在ロシア日本大使館で、レセプションがありました(お寿司とやはりワインがめちゃおいしかった)。ロシアの生活環境大国、産業、経済の革新のための8項目の日本からの協力プランがあることが紹介されました。第一に、医療水準を高めロシア国民の健康寿命の伸長に役立つ協力をすることになっており、私たち金沢大学は、そのため現在、ロシアの8つの医療機関との間で(クラスノヤルスク医科大学がロシア側の代表)、「日露をつなぐ未来共創リーダー育成プログラム」を走らせています。医療や研究の支援とともに、人的交流の拡大という、今の日本の国策に沿って、活動しています。(蛇足ながら、このような大々的な政策が行われる前から、まったく同じ考えで、金沢大学医学部とクラスノヤルスク医科大学は25年にわたる交流を続けていました)。

The day before the Rectors forum, there was a reception in the Embassy of Japan in Moscow (We enjoyed extremely good wine and Sushi). There I know that there are 8 plans for cooperation between Japan and Russia. The first aim is to level up Russian medical environment for prolongation of the healthy life span of Russians. For this purpose, we already started the Training Program for Russia-Japan Innovative Leaders of Tomorrow (Krasnoyarsk State Medical University is the key unit in Russian side) under the support of Monbusho (Ministry of Education). The exchange of students and researchers are dramatically increased. (Though it is unnecessary addition, we had a long history of exchange with Krasnoyarsk State Medical University for more than 25 years, to aim exactly the same purport.)


  • 学生講義

  • 学長代理のプロトポポフ教授との会談後

  • 在モスクワ日本大使館にてサルミナ教授と

  • 在モスクワ日本大使館にてサルミナ教授と

  • 大使館でのレセプションで山崎学長と

  • 第8回日露学長フォーラム

  • フォーラムに参加するサルミナ教授

  • 若手研究者、大学院生とのワークショップ

 

 

  • Home
  • メンバー
  • 研究内容
  • 研究業績
  • 写真館
  • リンク
  • お問い合わせ
東田陽博研究室
〒920-8640
石川県金沢市宝町13-1
TEL/FAX:076-234-4213
E-mail: haruhiro@med.kanazawa-u.ac.jp